Amazonアカウントの2段階認証を設定したので手順をメモ

認証

前回個人のアカウントをAmazonBusinessアカウントに移行しました。アカウントが2つになった事で1回1回ログインとログアウトが面倒なんですが、2つのブラウザを使ってログインしたままブラウザだけ切り替えて使ってます。

AmazonBusinessに登録してみたのでアカウントの違いや特長、登録の流れを紹介

アカウントといえば悪用されないために2段階認証は必須!という事でAmazonの2段階認証の手順など書いてみます。

※個人アカウントをAmazonBusinessに移行したら2段階認証もそのまま引き継いでいました。

スポンサーリンク

Amazon2段階認証の手順

新しいアカウントの作成ができたら「アカウントサービス」から「サインインとセキュリティー」をクリック。

Amazon2段階認証-1

高度なセキュリティー設定(2段階認証)というのがあるので「編集」。

Amazon2段階認証-2

2段階認証「設定開始」。

Amazon2段階認証-3

「認証アプリ」を選択。下にQRコードが表示されます。

次にスマートフォンの「認証システム(Authenticator)」アプリを起動し、右下の「+」をクリックしてバーコードをスキャンを選択。

認証コードAmazon-1

それでPC画面のバーコードを読み取りすると認証アプリの画面に6桁の数値が表示されます。

認証コードAmazon-2

その数値をPC側に入力して「次に進む」。

認証コードAmazon-3

バックアップ用の手段の追加

認証アプリで2段階認証をする設定をしましたが、もし認証アプリが使えないって場合に備えてもう1つ別の2段階を設定します。

電話番号の部分で「テキストメッセージ(SMS)」にチェックを入れて電話番号を入力し、「コードを送信」。

Amazon2段階認証-5

すぐにスマートフォンにメッセージが届きます。

スマートフォンに届いた数字コードをPC側の入力欄に入力し「次に進む」。

Amazon2段階認証-6

「この端末ではコードの入力は不要です。」にチェックマークを付けて「同意して2段階認証を設定にする」ボタンをクリックすれば次回からこの端末ではコード入力なしでサインインできます。

Amazon2段階認証-7

2段階認証はホントに悪用されないために必須です。AmazonだけでなくてSNSとかGoogle、Yahooとかも2段階認証設定ができるので全て2段階認証しておくのが良さそうです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 経営ブログへ

コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA