Amazonプライム会員を解約して返金してもらえる?解約と返金の手順

Amazonプライムの解約と返金方法

Amazonには通常会員(無料)とは別に有料のプライム会員があります。Amazonプライムには現在30日の無料体験ができるようになっている訳ですが、「自動更新しない設定」をしていないとこの無料期間の後に自動的にプライム会員になり、クレジットカードに年会費3,900円の請求がきます。

プライム会員の設定をしていなくて無料体験で登録し、知らないうちにAmazonプライムの正式な会員になっていて、年会費3900円を請求される方も(私もですが)結構いるようなので今回はこのような場合の対処法や返金方法、Amazonプライムの解約の方法を紹介していきます。

それではプライム会員の解約方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員の年会費返金の条件

Amazonプライムの年会費の返金については2通りあります。

  • 全額返金
  • 日割り計算での返金

全額返金の条件は正式なAmazonプライム会員になって一度もプライム会員の特典(お急ぎ便、時間指定便が無料)を利用していない場合です。それ以外は日割りで計算されて返金という事になります。

Amazonプライム解約と返金-3

Amazonプライム会員の解約と返金方法

Amazonのトップページへ移動。

Amazon.co.jpへ

から「アカウントサービス」をクリック。

Amazonメールアドレスとパスワードの変更方法-2

「プライム」という項目を選択。

Amazonプライム自動更新の設定-8

左のメニューに「会員資格を終了する」という項目があるのでこれをクリック。

Amazonプライム自動更新の設定-14

「特典と会員資格を終了」っていうのがあったのでクリックしてみます。

Amazonプライム返金-1

月額プランをおすすめされますが、再度「会員資格を終了する」をクリック。

Amazonプライム解約と返金-2

ここで日割りの返金額などが表示されますので、今すぐ会員を辞めるか?もう少し続けるか決めて選択すればOK。

Amazonプライム解約と返金-3

なお会費の返金ですが、プライム会員の会費の支払方法で設定した支払い方法に返金になります

以上Amazonプライムの解約方法と返金方法でした。

Amazon.co.jpへ

Amazonプライム自体は結構お得なサービスでもありますので本当にプライム会員の解約をするのかどうかは一度サービス内容を見てから決めてみる事をおすすめします。

  • 配送の「お急ぎ便」が追加料金無しで使える(無制限)
  • 日時指定便の追加料金なし(無制限)
  • プライムビデオ見放題
  • 好みの楽曲やプレイリスト、プライムラジオが聴き放題(Prime Music)
  • 写真を無制限に保存し放題(プライムフォト)

まだまだ他にもたくさんの特典があり、新しい特典が追加される事もあるかと思いますので、特典の全部を確認するのであればAmazonプライムの詳細ページで確認をしてみて下さい。

Amazonプライム詳細ページ

以上Amazonプライム会員を解約して返金してもらえる?解約と返金の手順でした。

スポンサーリンク

にほんブログ村 経営ブログへ

Amazonプライム会員を解約して返金してもらえる?解約と返金の手順」への2件のフィードバック

  1. みや

    初めまして、私も自動更新で、年会費がかってに引き落とされていたうちの1人です…
    一年我慢するか…と思ってたところこの記事を見て解約手続きをしました。
    返金してくれるとメールが来たので良かったです。
    この記事のおかげで無駄な出費をせず助かりました、ありがとうございました。

    返信
    1. しげぞう 投稿作成者

      みや様

      わざわざコメントありがとうございます。無事に解約と返金よかったです。また何かありましたらいつでもコメント下さいませ。今後もよろしくお願い致します。

      返信

コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA