Amazonで買い物する流れと手順【図解】

Amazonで買い物をする方法

今回は初めてAmazonを利用する方向けに買い物の流れを図解で紹介してみたいと思います。

普段買いにくい物が手軽に買えるのが通販のメリット。Amazonではあらゆるカテゴリーが網羅されてて年齢制限のあるカテゴリーとかもあります。

私もAmazonを利用するようになったのはわりと最近の事なんですが初めて利用するサービスって不安な部分多いですよね。少しでも参考にあれば嬉しいです。

スポンサーリンク

Amazonで買い物をする前に必要なもの

Amazonで商品を購入する前に必要な事が2つあります。

  • Amazonのアカウントの作成
  • 支払い方法を決めておく

Amazonのアカウントの作成

Amazonで買い物をするためにはアカウントの作成が必要で、アカウントを作成するためにはメールアドレスが必要です。

使えるメールアドレスがあればOKですが、プライベートなメールアドレスとは別のアドレスを使いたいって方はフリーメールを取得して使うのもアリ。

支払方法を決めておく

Amazonでの支払方法はいくつかあります。クレジットやAmazonギフト券、コンビニ払いなど、買い物をする前に支払い方法を決めておくのがおすすめです。

それから学生さんであればAmazon Studentが半年間無料で使えて特典が半端ないので無料期間だけでも使ったほうがいいやつです(クーポンとかももらえたりする)

これ見ると学生さんたちはかなり優遇されてる。

Amazon.co.jp Prime Student 学生のためのお得なプログラム

特典は変更になる部分もあるかもなので、一度自分で確認を!

Amazon Studentの特典一覧ページを見てみる

Amazonで商品を購入する流れ

アカウント登録ができている方はAmazonの商品検索ページへ。

Amazonの商品検索ページへ

商品検索は左側の「カテゴリー」から探すか、上の検索窓に商品名等のキーワードを入れて検索します。

Amazonで買い物する方法-1

検索結果の中から欲しい商品を見つけたらクリック。色やサイズ等商品によって選択肢があるので好きな物を選びます。レビューなども見る事ができます。

右にある「ショッピングカートに入れる」をクリックします。カートに入れてもまだ注文の確定ではないので安心して下さい

Amazonで買い物する方法-2

すると次の画面になります。ここで変更がなければ「レジに進む」をクリック。ここもまだ注文の確定ではありません

Amazonで買い物する方法-3

数量を間違えた時などは「カートの編集」でカートの中身の修正ができます。

Amazonで買い物する方法-4

お届け先の住所の登録

お届け先の住所の登録画面になります。始めて利用される方はここで商品を受け取る住所を登録します。1度登録しておけば次回は登録不要です。

Amazonで買い物する方法-5

MEMO

住所1と住所2とありますが、住所が全角15字を超える場合は住所1、住所2に分けて入力します。それから電話番号は運送会社から住所が分からない時などに電話がかかってくる時に利用するので携帯電話か自宅の番号を入力。

住所の入力が終わったら住所を登録して次の画面に進みます。

配送方法の選択

次の画面で配送方法を選択する事ができます。時間指定やお急ぎ等では別料金がかかる場合があるので、特に指定のない方は「通常」でOKです。選択したら「次に進む」をクリック。

Amazon買い物-5

支払い方法を選択

次の画面で支払い方法を決めます。支払い方法は大きく分けて3通り。「クレジットカード」「代金引換」「Amazonギフトカード」。他にも支払い方法はありますがこの3つが多いようです。

Amazon料金支払い方法の種類。クレジットカードやAmazonギフト券の登録方法も図解

支払い方法を選んで入力したら、「次に進む」をクリック。これで最終確認画面になります。

住所や、支払い方法等が間違いなければ「注文を確定する」をクリックすると注文の確定になります。登録してあるメールアドレスにも注文の確認メールが来てます。

慣れたら簡単なので1度買い物に挑戦してみましょう。

Amazon.co.jp

以上Amazonで買い物をする流れでした!商品の中身がバレないようにしたい!!!って方は以下の記事もどうぞ

資産運用でお金を増やす。節税関連のiDeCoやNISA、投資信託の運用結果も公開していきます。

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA