AmazonBusinessに登録してみたのでアカウントの違いや特長、登録の流れを紹介

AmazonBusinessトップ

法人・個人事業主向けの新サービスAmazon Business(アマゾンビジネス)がスタートという事で、早速登録してみました。

「普通のAmazonアカウントとAmazonBusinessアカウントと何が違うの?」
「AmazonBusinessで何ができるの?」

実際説明読んだだけではよくわからなかったので実際に使ってみてレビューしてみます。

これまでは個人用と会社用で1つずつアカウントを持っていたのですが、今回会社用で使っていたアカウントをAmazonBusinessのアカウントに変更してみました。

スポンサーリンク

AmazonBusinessの特長など

まず普通のAmazonアカウントとAmazonビジネスアカウントの違いについてです。実際にちょっと使ってわかった普通のAmazonとの違いが以下です。

  • 会社のアカウントを作る事ができる
  • ユーザー(社員とか従業員用)のアカウントを作成、追加できる
  • ユーザー毎に役割(管理者とか購買依頼者などの権限)を与える事が可能
  • 支払い方法が選択でき、買掛け(後から請求書)もできる
  • 法人向け価格・数量割引もある
  • 必要なら注文番号とかも付ける事ができる
  • 通常よりも価格の安いものがある
  • プライム会員でなくても「お急ぎ便」が使える

使い方によっては非常に便利に使えると思います。どちらかというと社員多い会社向きかも?

利用できるのは法人それから個人事業主もOK。

個人事業主のお客様にご提出いただく書類。以下のいずれか1点をご提出ください。

  • 開業届出書(サンプル) : コピー1部
  • 過去2年以内の所得税青色申告決算書(サンプル) : コピー1部
  • 過去2年以内の青色申告承認申請書(サンプル) : コピー1部

参考:個人事業主のお客様にご提出いただく書類|ヘルプ&カスタマーサービス

Amazonビジネスでできること

Amazonビジネスでできる事についてですが、実際に登録して設定画面を見ると理解が早いです。

特長的な部分である「支払い方法の選択」それから「ユーザーの追加」についてちょっと紹介してみます。

支払い方法が選択・共有できる

AmazonBusiness-21

支払い方法の設定ですがここは通常のAmazonアカウントと同じように「クレジットカード・デビッドカード」を登録して使う事が可能ですが、Amazonビジネスアカウントでは請求書払いもできます。

請求書払いにより、お客様は毎月の購入代金をお支払期日までにまとめてお支払することができます。請求書払いは、お支払の一元化に加えて以下の利点を提供します:

  • 請求書による請求照合の簡素化
  • 複数のユーザーを設定し、支出を見える化
  • 請求書の表示と印刷
  • 分析ツールを使用したレポート生成

複数のユーザーで買い物ができるって事を想定するとクレジットカードとか登録するのちょっと怖いですね。これまでは経費に使った分とか注文履歴で1件1件印刷してましたが、請求書ならそういう手間も省けると思います。

ちょっと設定画面を見てみます。支払い方法の選択。

AmazonBusiness-15

支払い方法は「支払い方法を追加」を選択しクレジットカードなどを登録するか「請求書払い」の設定して請求書払いにするか?を設定できます。

AmazonBusiness-16

請求書払いの設定画面がこちら。設定したら使えるようになります。

AmazonBusiness-13

支払い方法の設定について

支払い方法を選択し、設定できたらユーザーの支払い方法をどうするか?の設定もやっておく必要があります。

AmazonBusiness-11

普通は「支払い方法と配送先住所は管理者が設定し(複数設定可能)、ユーザーが利用する(共通の支払い方法・配送先住所)」かなと思います。

AmazonBusiness-10

その他設定できる項目。

AmazonBusiness-12

「承認設定を追加」の設定

承認者を追加:購買依頼者ごとの注文1件当たりの支払い限度額と承認者を設定します。

注文金額の合計がこの限度額を上回る場合、注文は自動的に承認処理に転送されます。購買依頼者ごとの承認者の設定は、「個人情報」ページで行います。

ユーザーの追加と役割を設定できる

AmazonBusiness-19

AmazonBusinessアカウントに複数のユーザーアカウントを追加する事ができます。また追加したユーザーには権限(役割)を与える事が可能。

設定できる役割としては「管理者」と「購買依頼者」もしくはその両方。また後から変更も可能です。

管理者:管理者は、会社の注文を管理し、ユーザーをビジネスアカウントに招待して追加します。ビジネスアカウントを管理できます。また、管理者は、購買依頼者が利用可能な共通のお支払い方法とお届け先住所を設定できます。

購買依頼者:購買依頼者は、管理者によって権限を付与されると、会社の担当者として注文を行うことができる個人です。

ユーザーを追加する流れ

AmazonBusinessの設定画面にユーザー追加の項目があります。

AmazonBusiness-17

ユーザーを追加する流れとしては以下です。

  • AmazonBusinessアカウントから社員さんに招待メールを送る
  • 社員さんが承認し会社用で使うビジネスアカウントを新規で作成する

ユーザー追加で招待したい人へ招待メールを送ります。

AmazonBusiness-11

ユーザー追加で入力したメールアドレス先に招待メールが届きます。招待に応じる。

AmazonBusiness-12

続行をクリック。

AmazonBusiness-13

サインインのページに行くので、新しくAmazonBusiness用のAmazonアカウントを新規に作成。

AmazonBusiness-15

MEMO

「社員さんが会社用で使うビジネスアカウントを新規で作成する」と書きましたが、通常のAmazonのアカウントを持っている方であればそれを会社用で使うビジネスアカウントに変更する事も可能です。

ただ、その場合、今まで使っていたAmazonアカウントがビジネスアカウントになるので、個人用でAmazon使う場合は新しく個人用のアカウントを作成する必要があります。

なので個人用のアカウントは個人のまま使いたいって場合は会社用に新規のビジネスアカウント作成をした方が良いです。

スポンサーリンク

Amazonビジネスアカウントでの注意点

しばらくAmazonビジネスアカウント使ってみて気づいた点というか注意点です。

私の場合は元々会社用にアカウントを1つ作成して使っていました。今回それをビジネスアカウントへ変更したのですが、アカウント変更前の購入履歴がない!!と思って問い合わせをしました。

実際は注文履歴のページの切り替えタブ?で以前のデータも見る事が可能でした。

Amazonビジネス

ただ、問い合わせの時に確認した所、「アカウント変更前の購入履歴については翌年からは確認できなくなる」そうです

なので履歴を残しておく必要がある場合には一度アカウントを元に戻して新規でビジネスアカウントを作成するのが良いと言われました。

という事で、今持っている(使っている)アカウントをビジネスアカウントに切り替えするのではなくて、やはり最初から新規でアカウント作成した方が良さそうです。

Amazonビジネス登録の流れ

それでは最後に肝心のAmazonBusiness登録の方法と流れを書いてみます。

通常のAmazonアカウントでログインして「アカウントサービス」⇒「AmazonBusiness」をクリック。

AmazonBusiness-18

企業情報を入力して「保存して続ける」をクリック。

AmazonBusiness-1

AmazonBusiness-2

担当者情報を入力。

AmazonBusiness-3

新規で会社用のビジネスアカウント作成するか既存のアカウントをビジネスアカウントに移行かを選択できます。私のは個人のアカウントとは別に会社用で1つアカウント使ってたので、これをビジネスアカウントにします。

AmazonBusiness-4

登録完了。

AmazonBusiness-6

AmazonBusiness-7

AmazonBusiness-8

審査待ちで3日ほどかかると書かれてましたが、翌日には登録完了のメールが来てました。

AmazonBusiness-22

それからアカウント作成したら2段階認証しときましょう。

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。