口コミや評判の良かったアイロテックのダンベルを購入したので使用感やデメリットなどを紹介!

ダンベル

筋トレ用のダンベルとして人気があるIROTEC(アイロテック)のダンベル60kgセットを購入したので使用感のレビューです。

とは言っても購入したのは1年以上前なので実際に使ってみて気がついたメリット・デメリットなど紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アイロテックのダンベル60kgセットと40kgセットはどっちを選ぶ?

「IROTEC」は株式会社スーパースポーツカンパニーが販売しているブランドのラバーダンベルです。

アイロテックダンベル60kgセット

他にも似たようなダンベルは多いですが、Amazonや楽天でもアイロテックのダンベルのレビュー数がダントツ

アイロテックレビュー数

アイロテックは重りのプレートが単品でも購入できるため、とりあえず40kgセットを購入して後から足りなかったら買い足そうと思ってました。

しかし実は40kgセットと60kgセットではシャフトの長さが違います。

  • 40kgセット:シャフトの長さが41cm
  • 60kgセット:シャフトの長さが45cm

シャフトが短いと付けられるプレートがその分少なくなりますので、プレートを買い足す場合にはシャフトも買わねばなりませんし、プレートの単品自体が割高。

それなら最初から60kgセット買っておいた方が結果的に安く買えるなと思いましたので、60kgセット購入しました。

ただ、実際に使用してみるとプレートをフルに使う事は今の所ありません(個人的に)ので、40kgセットでも良かったかなと思ってます。40kgセットのシャフトでも片方だけなら30kg組めるようです。

という事で正しいフォームでトレーニングするのであれば40kgセットでも十分かなと感じます。60kgセット必要なのは上級者の方かな?

使ってみて分かったデメリット

すでに1年以上使ってますが普通に使えてますし満足もしてます。

ただ、使用していて気になる部分もありますので、その辺を中心に紹介してみます。

メッキが剥がれる

特にダンベルのシャフトですが、メッキが使っているうちにポロポロはがれていきます。これは多分他のメーカーのダンベルでも同じかな。

アイロテックのダンベルシャフト

ちょっと画像分かりにくいかもしれませんが、上のシャフトが特にはがれてます。

シャフトが長めなのでナット締めるの面倒になる

重さのプレートを頻繁に変えるのですが、スクリュータイプなのでその都度ナットを外す⇒プレートを変える⇒ナットを締めるの作業が必要になるので、この部分は結構面倒です。

アイロテックダンベル締める

ナットを締めても緩む場合がある

アイロテックに限らずこのタイプのダンベルのプレートは閉めて固定しても使っていると緩んでくる場合があります。

ナットで固定してからさらに両方のプレートを持ってそれぞれ逆方向にグッと締めるとしっかり締まって緩みにくくなります。

アイロテックダンベル緩む

ゴムの輪が外れやすい

ちょっとした事なんですが、ナットに付いてるゴムの輪っかがよく行方不明になります。

ダンベルナットのゴム

デメリットというか、気になる部分色々書いてますが、ダンベルの機能として全く問題ありませんし、個人的に満足度はかなり高いです。

現在はMotions式ダンベル人気

可変式のダンベルは重さを変えるのにいちいち手間と時間がかかるので正直結構面倒ですし、場所も取ります。

という事で最近人気なのがMotions式ダンベル。

このMotions式ダンベルは従来のダンベルとは違って「2秒」で重さの変更が可能、しかも専用トレイの幅でしか場所をとらないので省スペースというのが最大の特徴

ワンタッチダイヤルで15段階2.5~24kg(5~40kg)もの重量調節が変更可能なので、子供から大人(女性)まで幅広く使えます。

キャンペーンで10%~15%OFF、それに3ヶ月保証がついているので公式サイトから購入すると安いです。

Motions式ダンベルのキャンペーンページを見てみる

以上アイロテックの使用感やデメリットの紹介でした!

初心者におすすめのダンベル人気ランキングと選び方まとめ

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。