まつ育におすすめの食べ物や習慣まとめ

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ

マスカラやビューラー、マツエクや、つけまつげなんかで傷んでしまったまつ毛を伸ばし育てて健康でふさふさのまつ毛にするのが「まつ育」。

そんなまつ毛をぐんぐんと伸ばすために「まつ育」中に心がけたい生活習慣や、こんなことをすると「まつ育」にいいよ!という方法を今日はご紹介していきたいと思います!

ついでに人気でおすすめのまつ毛美容液も紹介していきますね!

スポンサーリンク

まつ毛にいい食べ物

「まつ育」をしているあなたにまつ毛をぐんぐん成長させるためにまずは体の中からまつ毛を育てることにしましょう!というわけでまつ毛によい食べ物をご紹介していきます。

しっかり栄養をとって体の中からまつ毛を健康に伸ばしていきましょう!

ちなみにこれを食べればまつ毛がぐんぐん成長する!というピンポイントで効くものはありません。まつ毛だけを伸ばすことは出来ません!ですが、まつ毛だけでなく、髪の毛や眉毛など毛に関するモノに良いと言われている栄養素です。しっかりとってサポートにつなげていきましょう!

まつ毛に良いと言われている栄養素は以下のようなモノになります。

  • L−システイン
  • ビオチン
  • 亜鉛

L−システイン

髪の毛やまつ毛、眉毛などの体毛はケラチンタンパク質で出来ています。そのケラチンはアミノ酸で作られているのですが、一番多く含まれているのがこの「L−システイン」になります。
「L−システイン」を多く含む食品は「メチオニン」が多く含まれ、「メチオニン」が体内で合成されて「L−システイン」になるんです。
メチオニンの多く含まれる食品や沢山あります。ぜひ積極的に摂るようにしてみてください。

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ-1

シラス干し、クロマグロ赤身、カツオ、サバ、ブリ、サワラ、ヒラメなどの魚類、
豚肉、鶏むね肉、牛赤身肉、豚・鶏・牛レバー、大豆、高野豆腐、湯葉、きな粉、卵、脱脂粉乳、ナチュラルチーズ、プロセスチーズ、ゴマ、カシューナッツ、落花生、ピスタチオなど

生成されていない穀類も「メチオニン」は多く含まれます。
玄米、オートミール、全粒粉のパンやパスタなど
主食になるものが沢山あるので取り入れやすいですよね!

ちなみに「L−システイン」は過剰摂取するとシミなどを作ってしまう活性酸素が生まれたり、腎臓に負担がかかったりと副作用もあるんです。食品から摂ることでは過剰摂取にはなりませんが、サプリメントなどで摂る場合、注意が必要です。大量に採れば毛に良いというわけではなく、毎日バランスよく続けるを心がけるようにしましょう。

ビオチン

「ビオチン」は水溶性のビタミンB群の一つで、タンパク質を作るアミノ酸の合成や代謝の手助けをする栄養素です。「ビオチン」が不足すると、髪の毛やまつ毛眉毛などの体毛や、皮膚の形成に影響が出てしまいます。
「ビオチン」が多く含まれる食品はピーナッツやアーモンド、大豆食品になります。

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ-2

落花生、アーモンド、くるみ、いりごま、納豆、鶏レバー、豚レバー、鶏卵、牛乳など

「ビオチン」はよほど偏った食生活をしなければ不足することはないと言われています。1日に食品で摂る「ビオチン」の量は50マイクログラム程です。
腸内でも「ビオチン」は生成されていてその数なんと20ミリグラムという差!腸内環境が悪くなると「ビオチン」は減ってしまいますので、食物繊維やオリゴ糖など、腸内環境を整えることを意識するのも大切なのをお忘れなく。

亜鉛

「亜鉛」は体に必要なミネラル成分のうちのひとつで、髪の毛やまつ毛、眉毛などの主成分であるタンパク質の合成を助けたり、皮膚や毛の生え変わりを促進する働きをします。他にも抜け毛を予防したり、毛の成長促進や味覚を正常に保つ効果もあります。

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ-3

「亜鉛」は不足すると味覚障害が起こるといわれていますが、摂りすぎると頭痛や吐き気、が起こる可能性があるのでサプリメントで摂る人は過剰摂取に注意してください。食品から摂るのは問題ありません。
1日に必要な「亜鉛」の量は女性は8ミリグラムと言われています。

牡蠣、うなぎ、牛肉、チーズ、煮干し、アマランサス、高野豆腐、松の実など

食べ物だけでなく体の外側からのケアも

食品から摂るのも良い習慣ですが、まつ毛のケアにも力を入れていきましょう!

まつ育サロン

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ-5

おうちでまつ毛のケアをするのも良いですが今はまつ毛育てるトリートメント施術を行う、通称「まつ育サロン」も増えています。マツエクサロンや美容室、エステサロンなどで行われることが多いようです。

どのようなことをするかというと、専用のクレンジングをして目元を綺麗にしたり、まつ育に有効な成分の配合されたトリートメントをマシンを使ったり、おうちでのケアより10倍もの濃度の美容液をサロンケアで使用するような事もあります。

時間は大体30分から1時間ほどで終了します。
メイクを落として施術をするので自分の普段使っているメイク道具を持って行ったりする必要があります。
もちろんすっぴんで行って帰ってきても大丈夫です!
まつ育サロンの施術は1週間から10日で1回受ける形で1ヶ月から3ヶ月ほどで効果が現れます。おうちでも専用で使う美容液があって、サロンでの施術をおうちでもサポートする形になります。
すごくまつ毛が伸びるので今注目のまつ育になります。

値段は1回6,000円から9,000円程。おうちでのケアの美容液が3ヶ月分で10,000円ほどですので少し高額にはなりますが、「まつ育」を本格的にしたいという人にはオススメの方法です!

しかもまつ毛だけでなく、眉毛も育てることができるそうなので、眉毛が薄くて悩んでいる人にも良いのではないでしょうか?
「まつ育サロン」ではまつ毛の長さを毎回測ってくれます。なので伸びた様子もご自分で実感できるので楽しく「まつ育」できるのではないでしょうか?

まつ毛に良い生活習慣を

どんなに栄養のバランスの良い食事をしても、まつ毛の美容液をつけても生活習慣が乱れていてはまつ毛も育ちません!健康なお肌を作るためには睡眠が大事と言われていますよね。これはまつ毛も同じなんです。

睡眠時間をしっかりとることはとても大切です。質の良い睡眠を摂り、ゴールデンタイムに睡眠時間を持ってくるとまつ毛はしっかり成長してくれるでしょう。

ゴールデンタイムには成長ホルモンがたっぷり出るのでぜひ意識して取り入れてみてください!

ゴールデンタイムとは睡眠後3時間から4時間の間だと言われています。この時間に深い、質の良い睡眠をとるのが良いとされています。できれば23時までにはベッドに入ることが望ましいです。

まつ毛がグングン伸びる生活習慣はあなたにはありましたか?あくまでもこれは「習慣」です。毎日コツコツ続けることが大切なのでぜひあなたのまつ毛のためにもがんばってルーティーンにできるように努力してみてくださいね!

自宅で使うまつげ美容液ならディアモストアイラッシュがおすすめ

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ6

まつ育におすすめなのがまつ毛美容液です。

価格もピンキリですが、「ディアモストライラッシュ」は人気があり、個人的にもおすすめできるまつ毛美容液です。

ディアモストアイラッシュは、まつ毛エクステサロン経営者と、販売会社であるさくらフォレスト株式会社とが共同研究を行い誕生したまつ毛美容液。まつエクサロンで美容モニターを募り、検証を重ねて「より効果のあるものを」と試行錯誤して生まれた商品。

まつ毛ケアだけでなく、まぶたなど目の周りに塗って目元ケアも一緒にできるのもポイント

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ8

アルガンオイル、ホホバオイル、マヌカハニーが配合されているので、まつ毛ケアのついでに目周りにも塗って、目元のハリや保湿ケアまでできてしまいます

少しコンパクトなマスカラ、といったかんじで、ポーチに入れて持ち運んでも邪魔にならないサイズ感です♪

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ9

まつ毛に直接つける部分は、スポンジのチップタイプになっています。

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ10

1ヶ月ほど使ってみたので1週間目と4週間目の画像を並べてみますね。

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ11

コチラは右目のまつ毛を、内側から見た状態のまつ毛(美容液を使い始めて4週間目)。

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ12

ディアモストアイラッシュは、マスカラの下地としても使えます。美容液を塗った後にマスカラを塗るとめちゃくちゃボリュームが出ます。これ本当に地まつ毛のみです。

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ13

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ14

そこらのロングタイプのマスカラよりもロング効果が出るので、地まつ毛でボリューム出したい人は朝にもディアモストアイラッシュを使うのは本当におすすめ。

また開封して実際に使ってみた後でも適用できる「15日間安心返金保証」という制度もあります

まつ毛の育毛におすすめの食べ物や習慣まとめ15

「アレルギーが不安…」とか「目の周りに使うものだからどうしても心配」という方は、この制度が使えることを覚えておくと安心です♪

ディアモストアイラッシュの詳細はこちら

支払い方法は郵便振替・コンビニ後払い・クレジットカードの3パターンから選べますよ(^^♪

以上まつ育におすすめの食べ物とおすすめのまつ毛美容液の紹介でした。

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです