楽天証券口座開設の流れや日数!特定口座の選択や配当金の受取方法、手数料コース、ポイントコースって何?

楽天証券クイック口座開設

今回楽天証券に口座開設をしてみました。楽天証券のオンラインでの口座開設(クイック口座開設)が思ったより早かったのでビビりました(笑)

そもそも楽天証券口座を作成した理由なんですが、株や投資信託などに興味があった訳ではなくて、単純に楽天銀行と連携(マネーブリッジ設定)したら普通預金の金利が0.1%になります。

最近は大手銀行でも普通預金の金利が0.001%とかなので(2017年現在)その差は100倍!

楽天銀行マネーブリッジ-2
※2017年3月17日現在 楽天銀行調べ

ということで楽天証券口座開設してみました。楽天証券の口座開設にかかった日数は4日(最短の日数は3日のようです)!最近の口座開設って早いですね。

ただ、全くの素人だったので、

  • 特定口座の選択って何?
  • 配当金の受取方法って何?
  • 手数料コースって何?
  • ポイントコースって何?

って感じで申し込みするのに色々迷ってしましました。今回その辺ちょっと紹介してみます。少しでも参考になれば嬉しいです。

楽天証券に登録する前に特徴や詳細は確認しておいて下さい。

楽天証券の詳細ページを見てみる

スポンサーリンク

楽天証券の申し込みの流れと口座開設までにかかった期間や日数

先に楽天証券の口座開設の流れというかクイック口座開設でかかった日数や時間をざっと紹介。

  • 楽天証券のサイトで申し込みと初期設定:7月21日
  • 本人確認書類のアップロード:7月21日
  • 楽天証券からログイン情報が届く(郵送):7月24日
  • スマホの楽天証券アプリでマイナンバーの登録:7月24日

楽天証券のクイック口座開設にかかった日数は何と3日で完了しました

本人確認書類やマイナンバーなどはデジカメとかスマホで写真を取ってアップロードできるため、郵送で往復のやり取りがグッと短縮されてますので、本人確認書類はアップロードがいいですね。

楽天証券で迷った部分とか分からなかなった部分

証券会社の口座開設なんて初めてだったもので、分からない事が結構色々ありました。個人的に調べた事や理解した事などを簡単にまとめておきます。

配当金の受取方法って何?

楽天証券申し込み-5

「証券口座でのお受け取り」を選択しました。

これは株式数比例配分方式というやつで、自分の証券口座に配当金などを入金してもらう方式。デメリットは特になし。

非課税口座NISA口座を利用する人とか、よく分からないって方はこれ一択かなと思います。

※後から変更も可

特定口座(源泉徴収あり)の選択って何?

楽天証券申し込み-6

取引で得た収入は確定申告する必要があるのですがそれを証券会社の方にお任せする。つまり利益を確定して収益が発生した時に自動的に税金分を差し引いてくれるので自分で確定申告する必要がない。

という訳で私も特定口座(源泉徴収あり)を選択しました。

手数料コースって何?

楽天証券申し込み-7

手数料コースに関してはどれくらいの取引をするのか?によってお得なコードが変わってきます。

私の場合は特に頻繁に取引をするつもりもないため「超割コース」にしてますが、手数料コースは後から変更ができるので口座開設済んでから自分に合うコースを検討しても良いと思います

ポイントコースって何?

楽天ポイントもしくは楽天証券ポイントが選択できます。どっちでもOKです。後からの変更もできます。

  • 楽天スーパーポイント:楽天EdyやANAマイルに交換可能。楽天市場でも使える。
  • 楽天証券ポイント:楽天スーパーポイントやJMBマイルに交換可能

私は楽天スーパーポイントを選択しました。

以上私が口座開設で悩んだ部分でした!

楽天証券の詳細ページを見てみる

せっかくなんで投資信託買ってみた

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」という投資信託を5万円分買ってみました。

市場平均と同じような値動きの運用を目指す商品(たくさんの株や債権などの詰め合わせセットみたいなもの)で大きく儲けることはないけど、大幅な値下がりもない感じですね。いわゆるローリスク・ローリターン。で、信託報酬(投資信託の手数料)が0.22%(税抜)と破格のローコスト。

いい感じでリスクも分散されてるバランス型の投資信託です。。。と素人なりに思っております。

eMAXIS Slim バランス

まだ買って数日なんですが、1日目にして241円の利益が出てて「おぉっ!」ってなりました(笑)

楽天証券1日目

もちろんこれからマイナスになる事もあるかもしれませんが、長期でこれを積み立ててみようかと思っております。またこちら1ヶ月とか半年、1年後とかの報告などもしていこうかと思います。

余剰資金は銀行に貯金ではなく運用する方が楽しみがあっていいですね!

また、この楽天証券さんで節税のための個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とかNISA口座も作成していく予定なのでそれも公開していきます!

楽天証券の詳細ページを見てみる

以上楽天証券の申し込みの流れでした!

次回は楽天証券でつみたてNISAの設定をやっていきます。つみたてNISAの設定記事はこちら。

楽天証券でつみたてNISAの設定をしてみたので手順を紹介

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。